jiyouの日記

2007-06-18信心

 妙一尼御前御返事 

【みょういちあまごぜんごへんじ】

 夫(それ)信心と申すは別(べち)にはこれなく候、妻のをとこ(夫)をおしむが如くをとこの妻に命をすつるが如く、親の子をすてざるが如く・子の母にはなれざるが如くに、法華経釈迦多宝・十方の諸仏菩薩・諸天善神等に信を入れ奉りて南無妙法蓮華経と唱へ奉るを信心とは申し候なり、しかのみならず正直捨方便(しょうじきしゃほうべん)・不受余経一偈(ふじゅよきょういちげ)の経文を女のかがみ(鏡)をすてざるが如く・男の刀をさすが如く、すこしもすつる心なく案じ給うべく候、あなかしこ・あなかしこ。

日蓮花押

五月十八日

妙一尼御前御返事