k-esuの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-10-25民衆城の章 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

民衆城の章

【みんしゅうじょうのしょう】

2005年6月に掲載された、『新・人間革命』より、先生第一部隊長であられた時の、第2回青年部総会の結集に対する戦いと、檄文「我が親愛なる同志諸君に告ぐ」を配布する場面より。

以下抜粋


民衆城 二十一 

広宣流布のために断じて戦い抜こうとする強き一念の前には、逆境はない。すべての困難や悪条件は、闘魂の炎を燃え上がらせる風となる。

山本伸一は、思うように部員と会うことができないだけに、寸暇を惜しんで、皆に手紙を書き、激励を重ねた。

悩みを抱えたメンバーがいれば、深夜でも自宅に招き、全力で指導にあたった。

彼は、毎日の激闘で、床に入っても寝付けぬほど、心身ともに疲労困憊した。しかし、唱題と執念で、一日一日を乗り越えていった。

“今、戦わなければ、戸田先生の広宣流布の構想を破綻させることになる。そうなれば、終生、悔いを残すことになる。そんなことは、絶対にできない!”

伸一は「此の五字を弘通せんには不自惜身命是なり」(御書八九二ページ)との御文を胸に刻み、日々、自己の極限に挑んだ。

彼のその真剣さと気迫は、第一部隊の青年たちに、大きな衝撃と共感をもたらしていった。伸一の姿自体が、最高の目標となり、指導となっていったのである。

第一部隊は着々と拡大を遂げ、この年の九月末には、伸一が部隊長に就任した時の二倍近い六百数十人の陣容となった。

その躍進にメンバーは喜んでいたが、七十五万世帯の達成を思えば、まだほんの助走を開始したにすぎなかった。

 十月半ばのことであった。

年末に予定されている第二回男子部総会に、各部隊とも部員千人を結集しようという目標が打ち出された。

それを実現するには、第一部隊としては、総会までの二カ月で、これまでの十カ月分に相当する、三百人以上の部員増加を成し遂げなければならないことになる。

皆に、無理ではないかとの思いが兆した。

その時、伸一から、烈々たる決意のほとばしる葉書が、各班長に届いたのである。

ある班長には、「班員を愛してください。そして、目標達成まで御本尊に祈り抜き、君自身が成長していくことです」とあった。

また、別の班長には、「班会では『青年訓』を徹底し、同志の意気を盛り上げよ」など、具体的な助言がなされていた。

民衆城 二十二 

御聖訓には「文字は是一切衆生の心法の顕れたる質なり」(御書三八〇ページ)と仰せである。

山本伸一は叫ぶような思いで、全精魂を込め、第一部隊の同志に、決起を促す便りを次々と書き送った。

わずかな間に、何通もの激励の手紙をもらったメンバーもいた。

山本隊長は、あれほど多忙ななかで手紙を書き、われわれの弱い心を打ち破ろうとしてくださっている。戦おう!断じて勝利しよう!」

同志は奮い立った。その息吹は、全部員波動し、拡大への燎原の火のごとき、大前進が始まったのである。

さらに、男子部総会の一カ月前にあたる十一月二十日、第一部隊の臨時の決起大会が開かれ、参加者に一枚の印刷物が配られた。

そこには、「我が親愛なる同志諸君に告ぐ」との文字が躍っていた。伸一が自費で作った活版刷りの檄文である。

檄文では、青年部の歴史をたどり、このたびの部隊一千人結集の意義を述べたあと、自らの決意を歌に託し、こう呼びかけている。

 学会

  先駆はくずさじ

    第一部隊

 生死を共に

    怒涛に進まん

そして、広宣流布の使命を果たすうえで、次の四つの心構えが必要であると訴えていた。

「第一に、ただただ御本尊を信じまいらせ、自分は折伏の闘士であると確信することである。

 第二に、教学に励むことである。

 第三に、行動にあたっては、勇気をもち、沈着にして粘り強くあらねばならない。

 第四には、学会精神を会得して自ら広宣流布の人材たらんと自覚することである」

 班長たちは、決起大会に参加できなかった人には、その檄文を配って歩いた。伸一の心を伝え、全員が呼吸を合わせ、同じ一念で進もうと必死であった。そこに、鉄の団結が生まれていった。

皆の闘志は燃え上がり、一千人の結集へ、一段と拍車がかかった。

最前線組織である各分隊にあっては、十人の結集をめざし、皆が一丸となって、メンバーの激励・指導に、また折伏に、奔走したのである。

veiqmeuvlvveiqmeuvlv2014/04/01 16:16fldmrtplbhbllbj, http://www.lordfuywdg.com/ ljiayixaok

vttbrruoobvttbrruoob2014/04/03 23:29tygrmtplbhbllbj, <a href="http://www.wwxefehfta.com/">vvwtbhmcme</a>

evvojwwoyoevvojwwoyo2014/04/06 09:39lsmattplbhbllbj, <a href="http://www.avmrammmhy.com/">muwbvlwvav</a>

rgjasrplptrgjasrplpt2014/04/09 14:55zgxyttplbhbllbj, http://www.xbpopranct.com/ nrubrrncgn

cokehvawyhcokehvawyh2014/05/07 18:52obzsttplbhbllbj, <a href="http://www.theoulfhmv.com/">gnrxscsgxj</a> , [url=http://www.kbfdycfdru.com/]tozgvnccqx[/url], http://www.yomzbzaisj.com/ gnrxscsgxj

トラックバック - http://sokagakkai.g.hatena.ne.jp/k-esu/20061025