k-esuの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-02-06別教 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

別教

【べっきょう】

三学を説くが、対告衆は菩薩階級のみで、他の二乗は交えない。五十二位を立てて、歴劫修行という果てしのない修行を説く。

三学に約すと、

戒は、摂律儀戒(五戒・八戒・十善戒・二百五十(五百)戒・梵網の五十八戒・瓔珞の十無尽戒・華厳の十戒等)・摂善法戒(八万四千の法門を摂するという意)・饒益有情戒(四弘誓願)であり、

定は、観練熏修の禅定で、

慧は、心性十界の法門である。

別教はあくまで菩薩専用の教えであって、修行を行じる機根が限られている。「界外独菩薩」の法とも言い、見思惑を界内の惑とし、塵沙惑は仮諦、無明惑を中諦として界外の別惑とするため、三諦のうち一諦は界内であるものの、二諦は界外であるので、円融しない。これを「但中の理(観)」、あるいは次第の三観ともいう。

トラックバック - http://sokagakkai.g.hatena.ne.jp/k-esu/20070206