k-esuの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-08-24原水爆禁止宣言 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

原水爆禁止宣言

【げんすいばくきんしせんげん】

昭和329月8日、第四回東日本大会閉会式創価学会青年主催・於横浜三ツ沢競技場)に於ける戸田先生の声明。

今後諸君に遺訓すべき第一の事として訓示された。

「天竜も諸君らの熱誠に応えてか、昨日までの嵐はあとかたもなく、天気晴朗のこの日を迎え、学会魂を思う存分に発揮せられた諸君ら、又されに応えるこの大観衆の心を、心から喜ばしく思うものであります。(拍手

さて、今日の喜ばしさに引き換えて、今後共があるかもしらん、あるいは身にいかなる攻撃を受けようかと思うが、諸君らに今後遺訓すべき第一のものを本日発表致します。

前々から申しているように、次の時代は青年によって担われるものである。広宣流布はわれわれの使命であることは申すまでもないことであり、これは是非ともやらんければならんことであるが、今、世に騒がれている、核実験原水爆実験に対する私の態度を、本日はっきりと声明したいと思うものであります。(拍手

いやしくも私の弟子であるならば、わしの今日の声明を継いで、全世界にこの意味を浸透さしてもらいたいと思うものであります。(拍手

それは核、あるいは原子爆弾の、実験禁止運動が今世界に起っているが、私はその奥にかくされているところの爪をもぎとりたいと思う。

それはもし原水爆をいずこの国であろうと、それが勝っても負けても、それを使用したものは、ことごとく死刑にすべきであるということを主張するものであります!(拍手

なぜかならば、われわれ世界の民衆は、生存の権利を持っております。その権利をおびやかすものは、これ魔ものであり、サタンであります。それをこの人間社会、たとえ一国が原子爆弾を使って勝ったとしても、勝者でもそれを使用したものはことごとく死刑にされねばならんということを、私は主張するものであります。

たとえある国が原子爆弾を用いて、世界を征服しようとも、その民族、それを使用したものは悪魔であり、魔物であるという思想を、全世界に広めることこそ、全日本青年男女の使命であると信ずるものであります!

願わくば今日の体育大会における意気をもって、この私の第一回の声明を全世界に広めてもらいたいことを切望して、今日の訓示にかえる次第であります。」

追記

この宣言が記載された当時の新聞の寸鉄欄には、「日本指導者よ、この宣言に耳傾けよ。学会青年よ、この宣言を、世界に流せ。」等とある。

友森達也友森達也2008/02/09 10:01世界中が戸田会長に賛同している現在です。弟子の池田先生が戸田会長の遺言を実現しました。宝です。創価学会員の宝が牧口先生、戸田会長、池田先生ですね 世界中の学会員は誹謗 中傷を乗り越えて、日蓮仏教を世界に布教しましょう。平和、人権、貧困のために人類のためです。

トラックバック - http://sokagakkai.g.hatena.ne.jp/k-esu/20070824