上野殿御返事 

 上野殿御返事 

【うえのどのごへんじ】

十字(むしもち)六十枚・清酒一筒(ひとつつ)・薯蕷(やまのいも)五十本・柑子(こうじ)二十・

串柿(くしがき)一連・送り給び候い畢(おわ)んぬ、法華経の御宝前にかざり進(まい)らせ候、春

の始め三日種種の物・法華経の御宝前に捧げ候い畢んぬ。

花は開いて果(このみ)となり・月は出でて必ずみち・燈は油をさせば光を増し・草木は雨降ればさか

(栄)う・人は善根をなせば必ずさかう、其の上元三(がんさん)の御志元一にも超へ、十字の餅(もち

い)・満月の如し、事事又又申すべく候。

日蓮花押

弘安三年庚辰正月十一日

上野殿