十字御書 

 十字御書 

【むしもちごしょ】

 十字(むしもち)一百まい・かし(菓子)ひとこ(一籠)給い了(おわ)んぬ、正月の一日は日のはじめ月の始めとしのはじめ春の始め・此れをもてなす人は月の西より東をさしてみつがごとく・日の東より西へわたりてあきらかなるがごとく・とく(徳)もまさり人にもあい(愛)せられ候なり。

 抑(そもそも)地獄と仏とはいづれの所に候ぞとたづね候へば・或は地の下(した)と申す経文もあり・或は西方等と申す経も候、しかれども委細にたづね候へば我等が五尺の身の内に候とみへて候、さもやをぼへ候事は我等が心の内に父をあなづ(蔑)り母ををろ(疎)かにする人は地獄其の人の心の内に候、譬(たと)へば蓮のたねの中に花と菓とのみゆるがごとし、仏と申す事も我等の心の内にをはします・譬へば石の中に火あり珠の中に財のあるがごとし、我等凡夫はまつげ(睫)のちかきと虚空のとをきとは見候事なし、我等が心の内には仏をはしましけるを知り候はざりけるぞ、ただし疑ある事は我等は父母の精血変じて人となりて候へば三毒の根本淫(いん)欲の源なり、いかでか仏はわたらせ給うべきと疑い候へども・又うちかへし案じ候へば其のゆわ(謂)れもやとをぼへ候、蓮はきよ(清)きもの泥よりいでたり、せんだん(栴檀)はかう(香)ばしき物大地よりを(生)いたり、さくら(桜)はをもしろき物・木の中よりさきいづ、やうきひ(楊貴妃)は見めよきもの下女のはら(腹)よりむまれたり、月は山よりいでて山をてらす、わざわい(禍)は口より出でて身をやぶる・さいわい(福)は心よりいでて我をかざる。

 今正月の始に法華経をくやう(供養)しまいらせんと・をぼしめす御心は・木より花のさき・池より蓮のつぼみ・雪山のせんだんのひらけ・月の始めて出るなるべし、今日本国の法華経をかたきとして、わざわいを千里の外よりまねきよせぬ、此れをもつてをもうに今又法華経を信ずる人は・さいわいを万里の外よりあつむべし、影は体より生ずるもの・法華経をかたきとする人の国は体に・かげのそうがごとく・わざわい来るべし、法華経を信ずる人は・せんだんに・かをばしさのそなえたるがごとし、又又申し候べし。

正月五日

日蓮在御判

をもんす(重須)どのの女房御返事