南条殿女房御返事 

 南条殿女房御返事 

【なんじょうどのにょうぼうごへんじ】

弘安元年五月二十四日 五十七歳御作 

与南条七郎二郎女房

 八木(こめ)二俵送り給び候い畢んぬ、度度の御志申し尽しく候。

 夫れ水は寒積れば氷と為る・雪は年累(かさな)つて水精と為る・悪積れば地獄となる・善積れば仏となる・女人は嫉妬かさなれば毒蛇となる。法華経供養功徳かさならば・あに竜女があとを・つがざらん、山といひ・河といひ・馬といひ・下人(げにん)といひ・かたがた・かんなん(艱)のところに・度度の御志申すばかりなし。

 御所労の人の臨終正念・霊山(りょうぜん)浄土疑なかるべし・疑なかるべし。

五月二十四日

日蓮花押

御返事