在家の信心 

 在家の信心 

【ざいけのしんじん】

松野殿御返事

 鵞目(がもく)一貫文・油一升・衣一(ころもひとつ)・筆十管(かん)給い候、今に始めぬ御志申し尽くしがたく候へば法華経・釈迦仏に任せ奉り候。

 先立(さきだつて)より申し候、但在家の御身は余念もなく日夜夕・南無妙法蓮華経と唱え候て最後臨終の時を見させ給へ、妙覚の山に走り登り四方を御覧ぜよ、法界は寂光土にして瑠璃(るり)を以て地とし・金縄(こがねなわ)を以て八(やつ)の道をさかひ、天(そら)より四種の花ふり虚空に音楽聞え、諸仏・菩薩は皆常楽我浄の風にそよめき給へば・我れ等も必ず其の数に列ならん、法華経はかかる・いみじき御経にて・をはしまいらせ候、委細はいそぎ候間申さず候、恐恐謹言。

建治三年丁丑九月九日

日蓮花押

松野殿御返事

追て申し候目連樹(もくれんず)十両計り給はり候べく候