日厳尼御前御返事 

 日厳尼御前御返事 

【にちごんあまごぜんごへんじ】


弘安三年十一月 五十九歳御作


 弘安三年十一月八日、尼日厳の立て申す立願の願書並びに御布施の銭一貫又たふ(太布)かたびら(帷子)一つ法華経の御宝前並びに日月天に申し上げ候い畢(おわ)んぬ、其の上は私に計(ばか)り申すに及ばず候 叶ひ叶はぬは御信心により候べし全く日蓮がとがにあらず、水すめば月うつる風ふけば木ゆるぐごとく・みなの御心はみずのごとし信のよは(弱)きはにご(濁)るがごとし、信心の・いさぎよきはす(澄)めるがごとし、木は道理のごとし・風のゆるがすは経文をよむがごとしと・をぼしめせ、恐恐。


十一月二十九日


日蓮花押


日厳尼御前御返事