テーリーガーター

テーリーガーター

テーリーガーター』は、紀元前3世紀頃までに成立したものと思われている。完全なテキストは、セイロン上座部のパーリ語で残っているのみである。釈尊在世の頃の長老比丘尼(テーリー=女性修行者)たちが詠んだとされる詩(ガーター=偈)を集めたもの。長老比丘(テーラ=男性修行者)たちが詠んだ『テーラガーター』と姉妹編をなしている。

【『仏教のなかの男女観 原始仏教から法華経に至るジェンダー平等の思想植木雅俊(岩波書店)】