三千大千世界

三千大千世界

【さんぜんだいせんせかい】

三千年前のインド宇宙観。仏教では須弥山(しゅみせん)を中心に太陽、月、四洲(地球)、六欲梵天(他の惑星衛星)を含むものを一世界とし、それを百億倍(1000万倍)したものを小千世界、さらに千倍したものを大千世界または三千大千世界という。宇宙にはこのような三千大千世界が数限りなく存在すると説く。現在宇宙観とも一致する。