三大秘法の名目

三大秘法の名目

 【さんだいひほうのみょうもく】

 

大聖人の御書の中で、本門の本尊と戒壇と題目という三大秘法の名前がそろって初めて説き明かされたのは、佐渡配流赦免以後の『法華取要抄』に、

「如来滅後二千余年に竜樹・天親・天台・伝教の残したまへる所の秘法何物ぞや。答へて曰く、本門の本尊と戒壇と題目の五字となり」

と説かれている。

 

その所以(ゆえん)は、この三大秘法は日蓮大聖人が竜の口の発迹顕本、また三類(さんるい)の強敵扣発・数々見擯出等の法華経身読を完結あそばされた後、末法の御本仏としての御境界において初めて顕された法門だからである。

この三大秘法中、

「本門の本尊」とは、大聖人があらわされた信仰の対象である本尊を指す。

「本門の戒壇」とは、本門の本尊を安置する場所をいう。

「本門の題目」とは、本門の本尊を信じて唱える題目のこと。