久遠元初

久遠元初

【くおんがんじょ】

元初とはもともとの始まり。文底仏法では大聖人の明かされた無作本有(むさほんぬ)常住の生命、無始無終の生命をいう。久遠元初以来、宇宙と共に実在する本有常住の仏を久遠元初自受用身(じじゅゆうしん)という。