五時

五時

【ごじ】

釈尊の仏法の説かれた順序を大まかに五つに分けたものを仏教では一般に五時という。


一応、華厳時→阿含時→方等時→般若時→法華涅槃時とされる。


説処・期間・経・位を簡潔に以下に挙げると、


第一華厳時

説処 伽耶(がや)城近くの菩提樹のもと。七処八会

期間 21日

経  大方広仏華厳経

位  大乗経。但し法華経開結に次ぐ ※頓教、擬宜の教、兼。


第二阿含時

説処 波羅奈(はらない)国の鹿野園

期間 12年

経  増一阿含・長阿含・中阿含・雑阿含(四教)

位  小乗経。漸(含、秘密・不定教)※誘引の教、但。


第三方等時

説処 欲界色界二界の中間(「ちゅうげん」とも)、大宝坊

期間 16年

経  勝鬘経・解深密(げじんみつ)経・金光明経・阿弥陀経・大日経・維摩経等(12経)

位  権大乗経。漸教(阿含時に同じ)。※弾呵の教、対。


第四般若時

説処 鷲峯山(じゅうほうせん)、白露池等四処十六会

期間 14年

経  摩訶般若経・光讚般若経・金剛般若経

位  権大乗経。漸教(阿含・方等に同じ)※淘汰の教、帯


法華経開経無量義経(四十余年未顕真実)


第五法華涅槃時

説処 中天竺摩訶陀(まかだ)、霊鷲山(りょうじゅうせん)、虚空会二処三会

期間 8年

経  妙法蓮華経二十八品・涅槃経

位  円経、実大乗経