五陰

五陰

【ごおん】

衆生を構成する五つの要素のこと。色陰・受陰・想陰・行陰・識陰をいう。新訳では五蘊・五薀とし「ごうん」と読む。陰・薀とは、集まり、構成要素の意。天台大師の摩訶止観巻五上には九界の衆生について「陰とは善法を陰蓋す。此れ因に就いて名を得。又陰は積聚(しゃくじゅ)なり。生死重沓(じゅうとう)す。此れ果に就いて名を得」とあり、仏界の衆生については「常楽重沓す。即ち積集の義なり。慈悲覆蓋す。即ち陰の義なり」と述べている。衆生五陰の働きが盛んになり、種々の煩悩による苦悩が盛んになることを、五盛陰苦(五陰盛苦)と呼び、人間の根源的な苦悩である八苦の一つに数えられる。この五陰のうち、色陰とは、肉体など、色形等に現れている物質的、現象的側面をいう。受陰とは、六つの知覚器官である六根(眼根・耳根・鼻根・舌根・身根・意根)がそれぞれの対象となる色(色・形)・声(音声)・香・味・触(寒暖・柔軟など物質の触覚)に触れて生じる感覚をいう。想陰とは、受け入れた知覚をまとめあげ、事物の像(イメージ)を心に想い浮かべる作用をいう。行陰とは、想陰でできた像を整え完成させる作用であり、またそれとともに生じる種々の心の作用をいう。識陰とは、受・想・行に基づきながら、ものごとを認識し他のものを識別し判断する心の作用をいう。また受・想・行の作用を起こす根本となる心の中心的な働きとされ、心王(しんのう)とされる。これに対して、受・想・行はそれにしたがう心所・心数とされる。この識は更に深く探求され、種々の識が区別される。五陰を色心の二法に分けると、色陰とは、物質的・肉体的・現象的なものである色法となり、これに対して、受・想・行・識の四陰は心的・精神的・本性的なものである心法となる。五陰全体で、肉体・物質と精神・本性との両面にわたる一切の有為法(生命変化する事実事象)を示している。草木などの非情にも心法を認めて、五陰が万物を構成する五つの要素を意味する場合もある。天台大師は摩訶止観巻五で、正しく止観を修行をすること(正修止観)を解説し、一念三千の法門を説く。そして具体的な観法の対象として十種挙げる中の第一として陰入界(陰界入)すなわち五陰と十二入と十八界とを挙げている。そして、華厳経巻十の「心は工なる画師が種々の五陰を造るが如く」との文を引いて、あらゆる事実事象が一心から生じることを示し、五陰のうち心王たる識陰を観ずべき心であるとする。そして、その心を観じる実践(観心)に十種(十乗)を立て、その第一の観不思議境で、衆生の一念(瞬間の生命)に三千(森羅万象)が具わることを観ずる一念三千の法門を具体的に示している。

御書 総勘文抄(564㌻)

六巻抄 三重秘伝抄(17㌻)