令法久住

令法久住

りょうぼうくじゅう

「法をして久しく住せしめん」(法華経387頁)と読む。未来永遠に妙法蓮華経が伝えられていくようにすること。《「御書研鑚のために」より》