八葉九尊

八葉九尊

真言密家では胎蔵界の中台院、すなわち胎蔵界曼荼羅の中央の一院が八葉の蓮華となっており、その中台に大日如来、周囲に八葉に四仏四菩薩の八尊がすわっている。合計して九尊となる。御義口伝では九界即仏界を表すために比喩的に用いられている。