化法

化法

【けほう】

衆生を教化するために用いる種々の教法をいう。天台は釈尊一代の説法を蔵通別円の四つに分けた。これを化法の四教という。日蓮大聖人の仏法では、三大秘法の大御本尊ならびに御書に説かれた法門が化法に当たる。

《法体/反:化儀