十号

十号

【じゅうごう】

仏の十号のこと。天竺の俗法に十名あり。天上は利根なので百名を立てるが、釈尊は人界示現なるがゆえに十号を具す。一に如来、二に応供(おうぐ)、三に正徧知(しょうへんち)、四に明行足(みょうぎょうそく)、五に善逝(ぜんぜい)、六に世間解(せけんげ)、七に無上士(むじょうじ)、八に調御丈夫(じょうごじょうぶ)、九に天人師(てんにんし)、十に世尊。以上の十号について世間解を無上士と世間解に開して二となし、仏までで十号を成じ、以上十号の徳を具するがゆえに世尊とする説もある。

《福過十号