即身成仏

即身成仏

【そくしんじょうぶつ】

衆生が凡夫そのままの姿で成仏すること。釈迦仏法の歴劫修行に対して、大聖人の仏法が直達正観、速疾頓成であることをいう。これを我々の生活に約せば、煩悩即菩提・生死即涅槃をいう。

《凡夫即極/煩悩即菩提/生死即涅槃/速疾頓成》

* はてなダイアリーキーワード:即身成仏