原書

原書

【はらしょ】


古来、興門で『原殿御返事 』を呼ぶときの呼称の一つ。『原殿御返事 』のこと。

以下、

原殿御返事

 

 御札委細拝見仕り候い畢んぬ。抑此の事の根源は、去ぬる十一月の頃南部弥三郎殿此の御経を聴かんが為入堂候の処に、此の殿入道の仰せと候いて、念仏無間地獄の由聴かしめ奉り給うべく候、此の国に守護の善神無しと云う事云わる可らずと承り候いし。是こそ存外の次第に覚え候え、入堂殿御心替わらせ給い候かとはつど推せられ候。

 

 殊にいたく此の国をば念仏真言禅律の大謗法の故大小守護の善神捨て去る間、その後の祠(ほくち)には大鬼神入り替わりて、国土に飢饉、疫病、蒙古国の三災連連として国土滅亡の由、故に日蓮聖人の勘文関東の三代に仰せ含ませられ候い畢んぬ、此の旨こそ日蓮阿闍梨の所存の法門にて候え、国の為世の為一切衆生の為の故に、日蓮阿闍梨仏の御使として大慈悲を以つて身命を惜しまず申され候いきと談じて候いしかば、弥三郎殿念仏無間の事は深く信仰し候い畢んぬ、守護の善神此の国を捨去すと云う事は不審未だ晴れず候。

 

 其の故は鎌倉に御坐し候御弟子は諸神此の国を守り給う尤も参詣すべく候、身延山の御弟子は堅固に守護神此の国に無き由を仰せ立てらるるの条、日蓮阿闍梨は入滅候誰に値てか実否を決すべく候と、委細に不審せられ候の間、二人の弟子の相違を定め給うべき事候。師匠は入滅候と申せども其の遺状候なり、立正安国論是れなり。

 

 私にても候わず、三代披露し給い候と申して候いしかども、尚お心中不明に候いて御帰り候い畢んぬ、是と申し候は、此の殿三島の社に参詣渡らせ給うべしと承り候いし間、夜半に出で候いて、越後房を以つて、いかに此の法門安国論の正意日蓮聖人の大願をば破し給うべき、御存知ばし渡らせおわしまさず候かと申して、永く留め進らせし事を入道殿聞こし食され候いて、民部阿闍梨に問わせ給い候いける程に、御返事申され候ける事は、守護の善神此の国を去ると申す事は、安国論の一遍にて候えども、白蓮阿闍梨外典読みに片方を読みて至極を知らざる者にて候、法華の持者参詣せば諸神も彼の社壇に来会すべし、尤も参詣すべしと申され候いけるに依つて入道殿深く此の旨を御信仰の間、日興参入して問答申すの処に、案の如く少しも違わず、民部阿闍梨の教えなりと仰せ候いしを、白蓮此の事は、はや天魔の所為なりと存知候いて少しも恐れ進らせず、いかに謗法の国を捨てて還らずとあそばして候守護神の、御弟子の民部阿闍梨参詣する毎に来会すべしと候は、師敵対七逆罪に候わずや、加様にだに候に、彼の阿闍梨を日興帰依し奉り候わば其の科日興遁れ難く覚え候。

 

 今より以後かかる不法の学頭をば擯出すべく候と申す。やがて其の次に南部郷の内福士の塔供養の奉加に入らせおわしまし候、以つての他の僻事に候。総じて此の二十年の間、持斎の法師影をだ指さざりつるに、御信心如何様にも弱く成らせ給いたる事の候にこそ候いぬれ。是れと申すは彼の民部阿闍梨世間の欲心深くしてへつらい諂曲したる僧、聖人の御法門を立つるまでは思いも寄らず大いに破らんずる仁よと、此の二三年見つめ候いて、さりながら折折は法門説法の曲がりける事を言われ無き由を申し候いつれども敢えて用いず候、今年の大師講にも、敬白の所願に天長地久御願円満左右大臣文部百官各願成就との給い候いしを、此の祈は当時は致すべからずと再三申し候いしに、争でか国恩を知り給わず候べきとて制止を破り給い候いし間、日興は今年問答講仕らず候いき。

 

 此れのみならず、日蓮聖人御出世の本懐南無妙法蓮華経の教主釈尊久遠実成の如来の画像は一二人書き奉り候えども、未だ木像は誰も造り奉らず候に、入道御微力を以つて形の如く造立し奉らんと思し召し立ち候に、御用途も候わざるに、大国阿闍梨の奪い取り奉り候仏の代わりに其れ程の仏を造らせ給えと教訓し参らせ給いて、固く其の旨を御存知候を、日興が申す様には、せめて故聖人安置の仏にて候わさばさも候いなん。

 

 それも其の仏は上行等の脇士も無く始成の仏に候いき、其の上其れは大国阿闍梨の取り奉り候いぬ、なにのほしなさに第二転の始成無常の仏のほしく渡らせ給うべき。御力契い給わずば、御子孫の御中に作らせ給う人出来し給うまでは、聖人の文字にあそばして候いしを安置候べし。いかに聖人御出世の本懐南無妙法蓮華経の教主の木像をば、最前には破し給うべきと強いて申して候いしを、軽しめたりと思し食しけるやらん、日興はかく申し候こそ聖人の御弟子として、其の跡に帰依し進らせて候甲斐に重んじ進らせたる高名と存知候は、聖人や入り替わらせ給いて候いけん、いやしくも諂曲せず、只経文の如く聖人の仰せの様に諫め進らせる者かなと自讃してこそ存知候え。

 

 総じて此の事は三の子細にて候。一には安国論の正意を破りぬ、二には久遠実成の釈迦如来の木像最前に破れ候、三には謗法の施初めて施され候いぬ、此の事共は入道殿の遠失にては渡らせ給い候わず、?えに諂曲したる法師の過りにて候えば、思し召しなおらせ候いて、今より已後安国論の御存知在世二十年の様に信じ進らせ候べしと、改心の御状をあそばして御影の御宝前に進らせ給えと申し候を御信用候わぬ上、軽しめたりとや思し食し候いつらん、我は民部阿闍梨を師匠にしてる也と仰せの由承り候いし間、さては法華経の御信心逆に成り候いぬ、日蓮聖人の御法門は、三界の衆生の為には釈迦如来こそ初発心の本師にておわしまし候を捨てて、阿弥陀を憑み奉るによつて五逆罪の人と成りて、無間地獄に堕すべきなりと申す法門にて候わずや、何を以つて聖人を信仰し進らせたりとは知るべく候。

 

 

 日興が波木井の上下の御為には初発心の御師にて候事は、二代三代の末は知らず、未だ上にも下にも誰か御忘れ候べきことこそ存じ候え。

 

 身延沢を罷り出で候事面目なさ本意なさ申し尽くし難く候えども、打ち還し打ち還し案じ候えばいずくにても聖人の御義を相継ぎ進らせて、世に立て候わん事こそ、詮にて候え。さりともと思い奉るに、御弟子悉く師敵対せられ候いぬ、日興一人本師の正義を存じて、本懐を遂げ奉り候べき仁に相当つて覚え候えば、本意忘るること無くて候。また君達は何れも正義も御存知候えば悦び入り候、殊更御渡り候えば入道殿不宜に落ちはてさせ給い候わじと覚え候。尚お民部阿闍梨の邪険奇異に覚え候、安房へ下向の時も入道殿に参り候いて、外典の僻事なる事再三申しける由承り候、聖人の安国論も外典にてかからせ渡らせ給い候、文永八年の申状も外典にて書かれて候ぞかし、其の上法華経と申すは漢土第一の外典の達者が書きて候間、一切経の中に文詞の次第目出度くとこそ申し候え。

 

 今此の法門を立て候わんにも、構えて外筆の仁を一人出し進らせんとこそ思し進する事にて候いつれ。内外の才覚無くしては、国も安からず法も立ち難しとこそ有りげに候。総じて民部阿闍梨の存知自然と御覧じ顕わさるべく、殊に去ぬる卯月朔日より諸岡入道の門下に候小家に籠居して、画工を招き寄せ曼陀羅を書きて、同八日仏生日と号して、民部、入道の室内にて一日一夜説法して布施を抱え出すのみならず、酒を興ずる間入道其の心中を知りて、妻子を喚び出して酒を勧むるの間、酔狂の余り一声を挙げたること、所従眷属の嘲弄口惜しとも申す計りなし、日蓮の御恥何事か之に過ぎんや。

 

 此の事は世に以つて隠れ無し、人皆知る所なり、此の事をば且く入道殿には隠し進らせて候えども、此くの如き等の事出来候えば、彼の阿闍梨の聖人の御法門継ぎ候まじき子細顕然の事に候えば、日興彼の阿闍梨を捨て候事を知らせ進らせんに申し候なり、童形に憚りていかでか聖人の御義を隠し候べき。彼の阿闍梨の説法には、定めて一字も問いたる児共の日向を破するはとの給い候わんずらん。元より日蓮聖人に背き進する師共をば捨てぬが還つて失にて候と申す法門なりと御存知渡らせ給うべきか。何よりも御影の此の程の御照覧如何か。見参に非ざれば心中尽くし難く候。  恐恐謹言

正応元年戊子 十二月十六日

                            日興  判

* はてなダイアリーキーワード:原書