和合僧

和合僧

【わごうそう】

出家の比丘(びく)が、一所(ひとところ)に集まり仏道修行すること。この和合僧を破って、その修行を妨げることを破和合僧といい、五逆罪の一つとされている。和合衆ともいい、御本尊根本に信心修行に、折伏に励んでいる人々の団結の姿こそ、和合僧というべきである。