塚原問答

塚原問答

【つかはらもんどう】


いづくも人の心のはかなさは佐渡の国の持斎念仏者の唯阿弥陀仏生喩房印性房慈道房等の数百人より合いて僉議すと承る、聞ふる阿弥陀仏の大怨敵一切衆生の悪知識の日蓮房此の国にながされたりなにとなくとも此の国へ流されたる人の始終いけらるる事なし、設ひいけらるるともかへる事なし、又打ちころしたりとも御とがめなし、塚原と云う所に只一人ありいかにがうなりとも力つよくとも人なき処なれば集りていころせかしと云うものもありけり、又なにとなくとも頚を切らるべかりけるが守殿の御台所の御懐妊なればしばらくきられず終には一定ときく、又云く六郎左衛門尉殿に申してきらずんばはからうべしと云う、多くの義の中にこれについて守護所に数百人集りぬ、六郎左衛門尉云く上より殺しまうすまじき副状下りてあなづるべき流人にはあらず、あやまちあるならば重連が大なる失なるべし、それよりは只法門にてせめよかしと云いければ念仏者等或は浄土の三部経或は止観或は真言等を小法師等が頚にかけさせ或はわきにはさませて正月十六日にあつまる、佐渡の国のみならず越後越中出羽奥州信濃等の国国より集れる法師等なれば塚原の堂の大庭山野に数百人六郎左衛門尉兄弟一家さならぬもの百姓の入道等かずをしらず集りたり、念仏者は口口に悪口をなし真言師は面面に色を失ひ天台宗ぞ勝つべきよしをののしる在家の者どもは聞ふる阿弥陀仏のかたきよとののしりさわぎひびく事震動雷電の如し、日蓮は暫らくさはがせて後各各しづまらせ給へ法門の御為にこそ御渡りあるらめ悪口等よしなしと申せしかば六郎左衛門を始めて諸人然るべしとて悪口せし念仏者をばそくびをつきいだしぬ、さて止観真言念仏の法門一一にかれが申す様をでつしあげて承伏せさせてはちやうとはつめつめ一言二言にはすぎず、鎌倉の真言師禅宗念仏者天台の者よりもはかなきものどもなれば只思ひやらせ給へ、利剣をもてうりをきり大風の草をなびかすが如し、仏法のおろかなるのみならず或は自語相違し或は経文をわすれて論と云ひ釈をわすれて論と云ふ、善導が柳より落ち弘法大師の三鈷を投たる大日如来と現じたる等をば或は妄語或は物にくるへる処を一一にせめたるに、或は悪口し或は口を閉ぢ或は色を失ひ或は念仏ひが事なりけりと云うものもあり、或は当座に袈裟平念珠をすてて念仏申すまじきよし誓状を立つる者もあり。(917頁)

【「種種御振舞御書」 建治2年(1276年)】