境地冥合

境地冥合

【きょうちみょうごう】

境は客観世界、地は主観的智慧。智とは信心ということで、御本尊を境として題目を唱えることが境地冥合である。