如是我聞

如是我聞

【にょぜがもん】

「是(かく)の如きを、我聞きき」と読む。あらゆる経文の冒頭には必ずこの一句がある。したがって、妙法蓮華序品第一の冒頭にもこの一句がある。

序品は、通じては法華経の総序であり、別しては迹門十四品の序文であるから、通序・別序に分けることができる。通序は諸経に通じているところの序文のことである。

阿難