小乗

小乗

【しょうじょう】

小乗教のこと。仏教の中にも、大乗教と小乗教がある。小乗教とは、倶舎宗、成実宗、律宗などを指し、阿含の四経をよりどころとして、小乗教の戒律を立てる教えで、少ない範囲の人を、わずかな期間だけ救うことができる。

《二乗/反:大乗》

* はてなダイアリーキーワード:小乗