小袖

小袖

【こそで】

古くは礼服着用の場合、大袖つまり広袖の下に重ねて着る衣のことで、大袖にたいする筒袖の衣を意味した。のちこれが表衣化するとともに、さらに内衣、肌着としての小袖の発生をみることとなるが、一方、庶民階級は筒袖の衣のみの単一着装であったため、男女ともに着用できるふだん着も小袖と呼んだ。袖を小さく袖下を丸く縫った衣服は、こんにちの和服の源流といえるものである。また本来は袖口の大小による大袖、小袖の分類呼称でもあった。小袖は白小袖から色小袖、模様小袖へと発展し、近世にいたって公家や武家の女子には小袖は正装となり、帯とあわせて華麗な一対を完成させた。小袖の上には打掛(腰巻)をはおり礼装とした。染織技術が進み、摺箔(すりはく)、縫箔、辻が花の絞り染めの手法が見られるようになると、小袖の文様も多様化し、有職文様のほかに自然風物、花卉鳥獣の文様が採用され、江戸小袖はいっそうの新鮮な美を創出することとなった。


庶民が着ていた筒袖の着物の内、襟とおくみ(襟の下の部分)を具えたもの。それまで、公家は下着として着用し、庶民にとっては表着であった。鎌倉時代以降、意匠を凝(こ)らした文様の文化が発展。現在着物の原形とされる。厳密には、袖の面積の広さを意味するものではなく、袖口の小さな着物を指す。振袖(ふりそで)であっても、袖口が小さければ小袖と呼ぶ。小袖とは、大袖・広袖に対する言葉。(白小袖は下着か?)

【※『服装の歴史高田倭男(中央公論社)を参照した】