山家学生式

山家学生式

【さんげがくしょうしき】


弘仁9年(818年)、伝教大師作「天台法華宗年分学生式」のこと。


以下は冒頭の一節である。


 国の宝とは何物ぞ、宝とは道心なり。道心ある人を名づけて国宝と為す。故に古人言わく、径寸十枚、是れ国宝にあらず、一隅を照す、此れ則ち国宝なりと。古哲また云わく、能く言いて行うこと能わざるは国の師なり、能く行いて言うこと能わざるは国の用なり、能く行い能く言うは国の宝なり。三品の内、唯言うこと能わず、行うこと能わざるを国の賊と為す。乃ち道心あるの仏子、西には菩薩と称し、東には君子と号す。悪事を己に向え、好事を他に与え、己を忘れて他を利するは、慈悲の極みなり。


 国宝何物。宝道心也。有道心人。名為国宝。故古人言。径寸十枚。非是国宝。照于一隅。此則国宝。古哲又云。能言不能行。国之師也。能行不能言。国之用也。能行能言。国之宝也。三品之内。唯不能言不能行。為国之賊。乃有道心仏子。西称菩薩。東号君子。悪

事向己。好事与他。忘己利他。慈悲之極。


「法門申さるべき様の事」で引用されている。


 答えて云く学生式に云く[伝教大師作なり]「天台法華宗年分学生式[一首]年分度者の人[柏原先帝天台法華宗伝法者に加えらる]凡そ法華宗天台の年分は弘仁九年より叡山に住せしめて一十二年山門を出さず両業を修学せしめん、凡そ止観業の者○凡そ遮那業の者」等云云(1270頁)