常楽我浄

常楽我浄

【じょうらくがじょう】

仏の生命に具わる四徳波羅蜜のこと。四徳とも。1.常とは、仏性が不変不改、恒常であること 2.楽とは、苦を超越した安楽の境地であること 3.我とは仏性が自身の根源・真実であること 4.浄とは、迷いや誤った行いを離れて清浄であること。