摂受

摂受

【しょうじゅ】

摂引容受(しょういんようじゅ)の義で、相手の違法を容認しつつ次第に誘引してゆく化導方法。法華経安楽行品第十四に「他の経典や他宗の僧の過失を説いたり、悪口を言ってはならない」等とあるのは摂受である。

《随他意/反:折伏

* はてなダイアリーキーワード:摂受