教相

教相

【きょうそう】

仏法を究める上での方法の一つで、観心に対する語。教相とは、経文や論釈の文に忠実に、客観的に仏法の真髄を求めてゆく行き方。