方便現涅槃

方便現涅槃

【ほうべんげんねはん】


法華経如来寿量品第十六に「衆生を度せんが為めの故に方便もて涅槃を現ず 而も実には滅度せず 常に此に住して法を説く」(法華経489頁)とある。仏が衆生を救うために、衆生に仏と法を求める心を起こさせる方便として入滅を現ずること。