発迹顕本

発迹顕本

【ほっしゃくけんぽん】

垂迹、すなわち仮の姿を開いて、本地を顕すこと。

釈迦においては法華経如来寿量品第十六で始成正覚を開いて久遠実成を示したこと。

日蓮大聖人においては竜の口の法難を機に、久遠元初自受用身の本地を顕されたこと。