直垂

直垂

【ひたたれ】

おくみがなく襟が垂直に縫いつけられた衣服一般の名称。鎌倉時代以降は、武士の衣服の呼称となった。中世日本で、公服としての体裁を整えるということは、取りも直さず、衣服を広袖形式にすることであり、直垂の袖丈を長くして、広袖(大袖)化し、日常着と異なるものとした。同時に上着と袴(はかま)の上下を対(つい)にして、材質・色・文様を同じものとした。

【※『服装の歴史高田倭男(中央公論社)を参照した】