竜の口の法難

竜の口の法難

【たつのくちのほうなん】


去文永八年[太歳辛未]九月十二日御勘気をかほる、其の時の御勘気のやうも常ならず法にすぎてみゆ、了行が謀反ををこし大夫の律師が世をみださんとせしをめしとられしにもこえたり、平左衛門尉大将として数百人の兵者にどうまろきせてゑぼうし(烏帽子)かけして眼をいからし声をあらうす、大体事の心を案ずるに太政入道の世をとりながら国をやぶらんとせしににたり、ただ事ともみへず、日蓮これを見てをもうやう日ごろ月ごろをもひまうけたりつる事はこれなり、さいわひなるかな法華経のために身をすてん事よ、くさきかうべをはなたれば沙に金をかへ石に珠をあきなへるがごとし、さて平左衛門尉が一の郎従少輔房と申す者はしりよりて日蓮が懐中せる法華経の第五の巻を取り出しておもてを三度さいなみてさんざんとうちちらす、又九巻の法華経を兵者ども打ちちらしてあるいは足にふみあるいは身にまとひあるいはいたじきたたみ等家の二三間にちらさぬ所もなし、日蓮大高声を放ちて申すあらをもしろや平左衛門尉がものにくるうを見よ、とのばら但今日本国の柱をたをすとよばはりしかば上下万人あわてて見えし、日蓮こそ御勘気をかほればをくして見ゆべかりしにさはなくしてこれはひがことなりとやをもひけん、兵者どものいろこそへんじて見へしか(911-912頁)

【「種種御振舞御書」 建治2年】