竜女

竜女

【りゅうにょ】

沙蝎(正しくは立へん)羅竜王の娘。提婆達多品第十二では、八歳の竜女が、文殊師利菩薩教化を受け、速やかに菩提心を発して法華経の会座に詣で、南方無垢世界に行き、即身成仏の現証を示したとされる。

元来、爾前教では、女性は仏教を受け入れる能力がなく、五つの障害を有するので、非器五障ともいわれた。また即身成仏を頓覚成道ともいわれる。