等覚已還の大薩埵

等覚已還の大薩埵

【とうかくいかんのだいさった】

別教で立てる五十二位のうち、等覚以下の大菩薩のこと。「等覚」は菩薩の最高位で、五十二位の修行では五十一番目にあたる。


この「菩薩の五十二位」は、大きくわけて、十(信・住・行・回向・地)と五十の位があり、別教ではそれらを順次進み、等覚位に至り、五十二番妙覚位に進み完了する。


十信は未だ見思惑を断じていないため、「退位」の位であり、十住から十行の間は大分信心が定まってくるので、「不退位」となる(退転の恐れがなくなる)。また、十行から十回向の間ではあらかたの煩悩を解脱した「見思・塵沙惑を断ずる菩薩」となり、十地から等覚にかけては、ほぼ、三惑(見思・塵沙・無明惑)を断ずる菩薩とされ、理論上は、最後の妙覚位に至って、無明を断じ尽くした仏と別教では認識されている。


さて、等覚已還の大薩埵ということはどういうことかといえば、例えば、釈尊の脇士である普賢菩薩や文殊師利菩薩一往過去世において悟りを開いて仏となっているのではあるが(上の五十二位でいうと妙覚位の仏)、釈尊の当時の教化を助ける為に、敢えて等覚位に還って菩薩の姿を衆生に示した。この状態を「等覚已還」という。

菩薩とは菩提薩埵(さった)とも、薩埵ともいうので、大薩埵とは大菩薩のことをいう。