経王殿御返事

経王殿御返事

【きょうおうどのごへんじ】

文永十年八月 五十二歳御作

 其の後御をとづれ(音信)きかまほしく候いつるところに・わざ(態)と人ををくり給(たび)候、又何よりも重宝たるあし(銭)山海を尋ぬるとも日蓮が身には時に当りて大切に候。

 夫(それ)について経王御前(ごぜ)の事・二六時中日月天に祈り申し候、先日のまほ(守)り暫時も身を・はなさずたもち給へ、其の本尊は正法・像法・二時には習へる人だにもなし・ましてかき顕したる事たえたり、師子王は前三後一と申して・あり(蟻)の子(こ)を取らんとするにも又たけ(猛)きものを取らんとする時も・いきを(勢)ひを出す事は・ただをな(同)じき事なり、日蓮守護たる処の御本尊を・したため参らせ候事も師子王に・をとるべからず、経に云く「獅子奮迅(ふんじん)之力」とは是なり、又此の曼荼羅(まんだら)能く能(よ)く信ぜさせ給うべし、南無妙法蓮華経は師子吼の如し・いかなる病さはり(障)をなすべきや、鬼子母神・十羅刹(らせつ)女・法華経の題目を持つものを守護すべしと見えたり、さいはい(幸)は愛染の如く福は毘沙(びしゃ)門の如くなるべし、いかなる処にて遊びたはふるとも・つつ(恙)があるべからず遊行して畏れ無き事師子王の如くなるべし、十羅刹女の中にも皐諦(こうだい)女の守護ふかかるべきなり、但し御信心によるべし、つるぎ(剣)なんども・すすまざる(不進)人のためには用いる事なし、法華経の剣は信心のけな(勇)げなる人こそ用いる事なれ鬼に・かなぼう(鉄棒)たるべし、日蓮がたましひ(魂)をすみ(墨)にそめながして・かきて候ぞ信じさせ給へ、仏の御意(みこころ)は法華経なり日蓮が・たましひは南無妙法蓮華経に・すぎたるはなし、妙楽云く「顕本遠寿を以て其の命と為す」と釈し給う。

 経王御前には・わざわひも転じて幸となるべし、あひかまへて御信心を出し此の本尊に祈念せしめ給へ、何事か成就せざるべき、「充満其願(じゅうまんごがん)・如清涼池(にょしょうりょうち)・現世安穏(げんぜあんのん)・後生善処(ごしょうぜんしょ)」疑なからん、又申し候当国の大ゆり候はば・いそぎ・いそぎ鎌倉へ上(のぼ)り見参いたすべし、法華経の功力を思ひやり候へば不老不死・目前にありただ歎く所は露命計(ばか)りなり天たすけ給へと強盛(ごうじょう)に申し候、浄徳夫人・龍女の跡をつがせ給へ、南無妙法蓮華経・南無妙法蓮華経、あなかしこ・あなかしこ。

八月十五日

日蓮花押

経王御前御返事