縁覚

縁覚

【えんがく】

独覚とも。十界の一つ。二乗の一つ。一つには仏の十二因縁の理を観じて修行覚道(かくどう)する故に名づけ、一つは飛花落葉(ひけらくよう)の外縁によって悟るゆえにいう。

* はてなダイアリーキーワード:縁覚