聖人知三世事

聖人知三世事

【しょうにんちさんぜじ】

建治元年 五十四歳御作

 聖人と申すは委細(いさい)に三世を知るを聖人と云う、儒家(じゅけ)の三皇(こう)・五帝(てい)並びに三聖(しょう)は但現在を知つて過(か)・未(み)を知らず外道(げどう)は過去八万・未来八万を知る一分(ぶん)の聖人なり、小乗二乗過去未来因果を知る外道(げどう)に勝(すぐ)れたる聖人なり、小乗菩薩過去」三僧祇祗菩薩、通経の菩薩過去に動踰塵劫(どうゆじんこう)を経歴(きょうりゃく)せり、別教菩薩は一一の位の中に多倶低劫(たぐていこう)の過去を知る、法華経の迹門(しゃくもん)は過去の三千塵点劫(じんてんこう)を演説(えんぜつ)す一代超過(ちょうか)是なり、本門は五百塵点劫(じんでんこう)・過去遠遠劫(おんのんごう)をも之を演説し又未来無数劫の事をも宣伝し、之に依つて之を案ずるに委(くわし)く過未を知るは聖人の本(もと)なり、教主釈尊(きょうしゅしゃくそん)既に近くは去つて後三月の涅槃之を知り遠くは後五百歳・広宣流布疑い無き者か、若し爾(しか)れば近きを以て遠きを推(すい)し現を以て当を知る如是相乃至本末究竟等是なり。

 後五百歳には誰人を以て法華経の行者と之を知る可きや予は未だ我が智慧(ちえ)を信ぜず然りと雖も自他の返逆(ほんぎゃく)・侵逼(しんぴつ)これを以て我が智を信ず敢(あえ)て他人の為に非ず又我が弟子等之を存知せよ日蓮は是れ法華経の行者なり不軽(ふきょう)の跡(あと)を紹継(しょうけい)するの故に軽毀(きょうき)する人は頭(こうべ)七分に破(われ)・信ずるものは福を安明(あんみょう)に積(つ)まん、問うて云く何ぞ汝を毀(そし)る人頭破(ずは)七分(ぶん)無きや、答えて云く古昔(こしゃく)の聖人は仏を除いて已外(いげ)之を毀(そし)る人・頭破(ずは)但一人二人なり今日蓮を毀呰(きし)する事は非(とが)一人二人に限る可らず日本一国・一同に同じく破(わ)るるなり、所謂正嘉(しょうか)の大地震・文永の長星は誰か故ぞ日蓮は一閻浮提(えんぶだい)第一の聖人なり、上一人より下万民に至るまで之を軽毀(きょうき)して刀杖(とうじょう)を加え流罪(るざい)に処するが故に梵(ぼん)と釈と日月・四天と隣国に仰(おお)せ付けて之を逼責(ひっせき)するなり、大集経(だいしっきょう)に云く・仁王経に云く・涅槃(ねはん)経に云く・法華経に云く・設(たと)い万祈(ばんき)を作(な)すとも日蓮を用いずんば必ず此の国今の壱岐(いき)・対馬(つしま)の如くならん、我が弟子仰(あお)いで之を見よ此れ偏(ひとえ)に日蓮が貴尊なるに非ず法華経の御力の殊勝なるに依るなり、身を挙ぐれば慢ずと想い身を下せば経を

蔑(あなど)る松高ければ藤長く源深ければ流れ遠し、幸いなるかな楽しいかな穢土(えど)に於て喜楽(きらく)を受くるは但(ただ)日蓮一人なる而已(のみ)。