自解仏乗

自解仏乗

【じげぶつじょう】

天台大師を賛嘆する十徳中の一つ。大師が師伝を待たずに、自ら法華の教理を悟ったことをいう。法華は成仏の法なので仏乗という。天台のみならず、日蓮大聖人も当然、自解仏乗である。

《悟達》