良医病子の譬え

良医病子の譬え

【ろういびょうしのたとえ】


「譬如良医の譬え」とも。出典は如来寿量品第十六。多くの病気を治す良医に100人もの子供がいた。ある時、良医が遠い他国に旅に出た留守に、子供たちは毒薬を飲んでしまい、苦しさのあまり、地に転げ回ります。そこに父である良医が帰ってきて、すぐに良薬を調合して子供たちに与える。子供たちの中で本心を失っていない者はこの良薬を飲んで治ったが、毒のために本心を失っている者は良薬を見ても疑って飲もうとしない。そこで良医は方便を設け「この薬をここに置いておくからお前たちは取って飲みなさい」と言い残し、他国に旅立つ。そして使者を子供たちの所に遣わし、父である良医が亡くなったと告げさせる。子供たちはその知らせに嘆き悲しみ、毒気から醒めて本心を取り戻し、残された良薬を飲んで病を治すことができた。良医は仏、子供は衆生に譬えられます。毒薬を飲むとは邪師の法を信受することをいい、本心を失うとは、これまでに積んできた善根を失うことを指す。良医が死を告げさせたというのは、仏が実は滅していないのに方便のために入滅の姿をとることを指し、子供たちが目覚めたとは仏法の利益を得たことを表している。