袈裟

袈裟

【けさ】


梵語。迦羅沙曳(からさえ)、袈裟野(けさや)ともいう。僧の身に着する法衣。インドでは袈裟を身にまとうので、袈裟を法衣法服ともいう。また中国日本等においては、袈裟の下にさらにいわゆる衣なるものを着して区別している。日蓮正宗の法衣は薄墨の素絹を五条用いる。


 釈尊は、出家して袈裟を着ていたが、その袈裟はチャンダーラ(旃陀羅)たちが身に着けていたのものである。袈裟は、「黄赤色」を意味するサンスクリット語のカシャーヤを音写したものである。死体猛獣に食べられてしまい、布の破片が散らばっているのを拾い集めてつなぎ合わせたものを衣にしていたのだ。死体の体液の染みで汚れ、黄赤色になっていることから、その衣はカシャーヤと呼ばれた。あるいは、パーンスクーラ(拾い集めたぼろ布で作った衣)と言われることもあり、それは「糞掃衣(ふんぞうえ)」と音写された。

【『仏教のなかの男女観 原始仏教から法華経に至るジェンダー平等の思想植木雅俊(岩波書店)】

* はてなダイアリーキーワード:袈裟