辟支仏

辟支仏

【ひゃくしぶつ】

仏の教導によらず、自らの力で悟る者のこと。縁覚とも独覚とも訳される。《「御書研鑚のために」より》