阿羅漢

阿羅漢

【あらかん】

サンスクリット語の「アルハト」(arhat)の主格形である「アルハン」(arhan)を音訳したもの。これは、「~に値する」「ふさわしくある」を意味する動詞の語源からできた名詞で、「尊敬されるべき人」「供養を受けるにふさわしい人」という意味。元々はブッダの別称だった。

* はてなダイアリーキーワード:阿羅漢