陰陽五行説

陰陽五行説

【いんようごぎょうせつ】

「陰陽」は「おんよう」とも読む。中国古来の人事自然を解釈する世界観。一切万象を、陰陽の二次元的原理の展開とその具現の根元的要素である五行とその運行論を基にして原理の背反性とその均衡(相反反応)の中で律動するものとしてとらえている。陰陽の字義はそれぞれ「山の日陰」と「山の日向」という意味である。それが明暗等へ、抽象化が行われ、その抽象的意味から世界根本原理として人間の活動も含めた自然の生成変化を説明するのに用いられるようになった。更に究極的根本としての太極が立てられて「大極─両儀(陰陽)─四象八卦」という生成論が展開された。一方、五行説は「書経」の洪範に既にみられるが戦国時代の「すうえん」によって体系的に説明された。五行説とは、木火土金水という五元素の循環的運行によって世界の進展を説明しようとしたものである。「すうえん」は、これを土・木・金・火・水の順序で、前者は次者に勝てないと定まっているとする五行相勝(克)説を唱えて、歴代王朝の交代を説明しようとした。前漢末期になると、五行の循環を木・火・土・金・水として前者は次者を生じるとする五行相生説が優勢となってきた。そして、漢代には、陰陽説と融合し、天文数学とも結びつき、占ト(せんぼく)禁忌(きんき)などと関連づけられ、民族信仰となっていった。一方では、哲学的解釈が更に進んで、宋代には儒学の中で宇宙重要な解釈手法として確立していった。日本においては、当初から天文歴数・占星の面が強く、哲学的側面は発展をみなかった。律令制度のもとに、中務省内に陰陽寮が置かれて、意見書(勘文)を提出する制度があった。俗信化した陰陽説は深く民衆の生活の中に入り込んで、弔事の友引、吉事の際の大安、家作の折の鬼門等に名残をとどめている。

* はてなダイアリーキーワード:陰陽五行説