随他意

随他意

【ずいたい】


随自意に対する語。仏が衆生の機根に随って、また衆生の好むところに随って説法し、真実の門に誘引する教え。ゆえに真実の教えではなく、方便の低い教えである。爾前教や釈迦仏法は随他意の教え、法華経や大聖人の仏法は随自意の教えである。

随自意