yasuyo-yoの求道辞典

2007-10-01

北京大学讃歌

【ぺきんだいがくさんか】

敬愛する北京大学学生に贈る 池田大作


悠久なる中華の文明ありて

北京大学は第一の新学府なり。

思想の自由を掲げ時代の気風を開き

万物を包括しゆく学陣を張れり。


魯迅先生も曾て教壇に立ち

時代先覚の勇ある英才を輩出せり。

光輝満つる百年の歩みは

中華民族歴史の新章節を写せり。


我 招かれ三度 熱誠を陳ぶるに

共鳴拍手 雷の如く 今も胸に響けり。

名誉教授を賜りて二十三星霜

母校に光彩を添えんとの誓いは新たなり。


忘れきは一九六八年

敢然と勇を奮いて我は提言せり。

日中国交正常化を実現し

千年の友好の縁を継承せよ、と。


悪辣なる中傷は弓箭の如く

四面楚歌にして苦心を労せり。

怒涛に揺るがぬ柱となりて道を開かずば

誰人が新しき潮流へと転換しえようか。


わが心に深く刻まれし周恩来総理は

新時代を創造せんとの高邁なる遠望あり。

総理より託されし永遠中日友好へ

必ずや行動をもって応えんと心に期す。


日中友好の前途は洋々と広がり

未名湖畔の青き柳の如く輝きわたる。

願わくは いつの日か貴大学を再訪し

敬愛する俊英と共に教育平和を語らむ。


我は青年に万感の言葉を贈らむ。

「努めて徳智を磨き学業を成し遂げ給え」と。

帰国の繁栄を刮目して仰ぎつつ

人民幸福を創りゆかれる未来を祝さむ。




  北京大学の英邁なる学生の皆様の

  益々のご健康とが活躍を心より祈りつつ





悠々華夏文明古

北大第一新学府

思想自由開風気

兼容并包張旗鼓


魯迅昔曾執教鞭

輩出英才勇当先

百年輝煌現代史

中華民族写新篇


三度邀我陳慷慨

掌声如雷今猶在

名誉教授廿三載

誓為母校添光彩


忘一九六八年

敢然振臂我提言

日中邦交正常化

千年友好続前縁


明槍暗箭悪当道

四面楚歌苦心労

中流砥柱我開路

誰能逆轉新潮


神州最憶周恩来

高瞻遠矚創新紀

遺願中日永友好

付諸行動心長記


日中邦交新前程

未名湖畔楊柳青

何日重游訪学子

暢談教育与和平


寄語青年努力

徳智兼備学業成

貴国繁栄刮目

造福人民祝前程