yasuyo-yoの求道辞典

2008-03-17

懺・慙

【ざん】

恥じるの意で、罪や過ちを反省して恥じること。諸の功徳及び徳のある者を敬い自分の犯した罪の恥じて悪行をやめようとする精神作用をいう。無慚(むざん)に対する語。七財(七聖財、七徳財ともいう)の一つ。倶舎論の七十五法の一つ。また唯識で説く百法の一つ。成唯識論巻六には『云何なるを懺と為すや。自と法との力に依って、賢と善とを崇重するもて性と為し、無慚を対治し悪行を止息するを業と為す』とある。